補償制度免責規定

下記の定めた事項により、補償適用が出来ない場合があります。

  1. 被補償者の故意によって生じた損害。
  2. 台風・洪水または高潮によって生じた損害
  3. 被補償者と第三者との間の特約によって加重された賠償責任を負担することによって被る損害。
  4. 被補償者の業務に従事中の使用者に対する損害。
  5. 次の物の所有、使用または管理する財物が滅失、破損または汚損された場合それによって被補償者が被る損害。
    1. 記名被補償者
    2. 被補償者の使用者、ただし被補償者が被補償自動車をその使用者の業務に使用しているときに限ります。
    3. 被補償者のまたはその父母、配偶者もしくは子。
  6. 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱、その他これらに類似の事変、または暴動によって生じた損害。
  7. 地震、噴火または津波によって生じた損害。
  8. 核燃料物質もしくは核燃料物質によって汚染された物の放射性暴発その他有害な特性の作用または、これらの特性に起因する事故 およびこれら以外の放射線照射または放射能汚染によって生じた損害。
  9. 当補償制度は不測の事故を救済するためのものであり、当然事故が予想される無謀運転に備えるものではありません。次の場合には 当補償制度が適用されませんのでご注意下さい。
    1. 契約者以外の運転者が運転中の事故。
    2. 無免許、酒気帯び(酒酔いなど)および麻薬使用などによる運転中の事故。
    3. 所轄警察署への事故の届出がなかった場合。
    4. 相手方に対し損害の賠償を求められる求償事故の場合。
    5. 第三者賠償のうち法的賠償責任範囲外の場合。
    6. 期間を無断で延滞して使用された場合。
    7. その他当社の貸渡約款の条項に違反して使用された場合。
  10. 免責額はお客様の負担になります。
  11. 補償の詳細は損害保険会社の規定に準じる。

ご注意

  • お客様(元請け、下請けを含む)側で、現場の保険(請負業者賠償保険、土木・建築工事保険料など)が付保されている場合は、 現場の保険を優先していただくことになります。
  • 事故報告が延滞しますと、お支払いが出来ない場合があります。